プロフィール

プロフィール画像
  • 竹内 美香(33歳)
  • 職業:OL
  • 好きな食べ物:お菓子(今は薄毛予防のために控えています)

初めまして!当サイトの管理人である竹内美香と申します。 このブログを通して薄毛女性の方と繋がり、少しでも悩んでいる人の力になりたいです。 どうぞ、よろしくお願いします♪

更新情報

女性の薄毛には前兆があります。些細な髪の変化に気づくことができれば、早めの対策が行え進行を防げます。

更新日2018.04.27

女性の私が薄毛になる前に見逃した前兆

抜け毛と女性

私は2回薄毛に悩まされましたが、ある日突然薄毛になったわけではありません。あれ?おかしい?と思う前に、ちょこちょこ薄毛の前兆が現れていました。それなのに私は、深く気にせず見逃してしまいました。

振り返るとあのとき、きちんと対処しておけばそこまで酷くならなかったのでは?と思います。以下は、私が薄毛になる前に見逃した前兆です。

抜け毛の増加

ブラシ

私はもともと抜け毛が多い方でした。ドライヤーを使った後は、洗面台に必ず何本か髪の毛が落ちていたり、週1回のお風呂掃除のときには排水溝にたくさん髪の毛が詰まっていました。

もともと多い方なのに、ある日気づくと「あれ、いつもより抜け毛が増えたかな?」と感じるようになりました。今、振り返るとこれが薄毛の前兆だったのですが、いつもより少し増えただけと都合よく考えてしまい、気にしませんでした。

ですが、今まで目立たなかった枕元の抜け毛が多くなったりと確実に変化が現れていました。

頭皮が硬くなった

髪をかきあげる人

次に見逃したと思う前兆が頭皮の硬さです。シャンプーをしているときに、いつもと何か違う・・・と感じたのですが最初はそれが何なのか分かりませんでした。しばらくして、頭皮が硬くなっていることに気づきました。

血流が悪くなると頭皮が硬くなると言われているので、これも間違いなく薄毛の前兆でした。私の場合、頭皮が硬くなるのと同時に痛さもありました。普通に過ごしている分には、痛みを感じることはありませんでしたが、シャンプーをするときなど少し力を加えると痛さがありました。

髪質の変化

髪を引っ張る女性

気づけば髪質も変化していました。コシがなくなり、毛先がパサパサするようになりました。髪の太さも細く痩せほそっていました。以前はツヤがある方だったので、パサパサしている自分の髪に驚きました。

ですが、これが薄毛の前兆なんて思いもせず、ヘアカラーのし過ぎ、コテの使い過ぎと思いこんでいました。パキつきを解消するために、美容室専売のヘアトリーメントを使用していましたが、全く無意味でした。そこで気づければ良かったのですが、薄毛になってからしか気づくことができませんでした。

フケが増えた

フケ

私の中で最も印象に残っているのがフケです。最初は気づかなかったのですが、スーツを着たときに肩の部分に白い粉のようなものが付着していました。ゴミがついたのかも・・・と軽く考えていましたが、家に帰って髪を触るとまた白い粉が・・・。

ここで初めてフケだと気づきました。今までフケがあったとしても、近くで見ないと分からない程度だったので、さすがにこれには驚きました。フケが急激に増えたと感じた場合は、前兆の可能性大だと思います。

他の女性にみる薄毛での前兆

上記で挙げたものは、全て私が見逃した薄毛の前兆ですが、他の女性の前兆も調べてみたので載せておきます。これらの症状が出た場合は、薄毛の可能性があるので何かしらの対策を行った方がいいでしょう。

髪の毛が細くなってきた、けど気づいたときには遅い
急になるんじゃなくて、毎日少しずつ細くなっていってるのかも。。。。
※掲載している口コミは、投稿者特定を防ぐため一部内容を修正しています。

枕元の抜け毛が気になり出したらアウト。結構ヤバイかも・・・
※掲載している口コミは、投稿者特定を防ぐため一部内容を修正しています。

私の場合、頭皮が硬くなってその次は痒くなりました。
そして気づいたときには抜け毛が増えてました(涙)
※掲載している口コミは、投稿者特定を防ぐため一部内容を修正しています。

排水溝に溜まる髪の毛の量。
尋常じゃないくらい多くなってました。髪のボリュームも激減。
※掲載している口コミは、投稿者特定を防ぐため一部内容を修正しています。

女性で薄毛の前兆が現れた際の対策

女性の薄毛はデリケートな問題です。前兆が現れた場合は、すぐに対策を行い進行を食い止めましょう。早めの対策を行うことが、症状の悪化を防ぐことになります。どれも自分で行え、お金も掛からないです。あれ?と少しでも違和感を覚えたら、以下の方法を行ってみてください。

フケ対策

バスセット

フケ対策としてオススメしたいのが、シャンプーの変更です。自分の頭皮に合うシャンプーを使うようにしましょう。乾燥気味なのか、脂性タイプなのかで使用するシャンプーが変わってくると思います。

髪の長い女性に多いのですが、「今日は汗をかいていないから、髪は洗わないでおこう」という方がいます。しかし、それは頭皮にとっていいことではありません。1日の汚れは、その日の内にしっかり落とすようにしましょう。それが、頭皮環境を健康に保つことに繋がりフケ対策にもなります。

頭皮の硬さ対策

頭皮を触る女性

頭皮の硬さ対策には、頭皮マッサージがオススメです。自宅でも簡単にできる上に、リラックス効果が高いです。ツボ押しだけでも頭皮の血流を良くすることができるので、空いた時間に行うといいでしょう。

シャンプーをやるついでに。化粧の前に。半身浴を行いながら。テレビを見ながらなど、私は気づいたときに頭皮マッサージを行うようにしていました。揉み解すことで、だんだん頭皮が柔らかくなっていくのが分かると思います。

誰かにやってもらう方が気持ちいいですが、自分で行っても十分気持ちいいです♪

抜け毛・髪質の変化の対策

食事

抜け毛・髪質の変化には、食生活の改善が効くと思います。特に普段、自炊をしない女性、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜に頼っている女性は、バランスが取れた食事を取るよう心掛けましょう。

バランスが取れた食事とは、偏りがないことです。体に良さそうという理由で野菜だけ食べても、それはバランスが取れているとは言えません。お肉もお魚も野菜も炭水化物も、どれも体には必要な栄養素です。そして1日3食、きちんと取るように心掛けましょう。

女性で薄毛の前兆が現れたら見直したいこと

薄毛の前兆が現れたら、見直してほしいことがあります。以下の点に思い当たる女性は、今すぐに改善した方がいいでしょう。これらが原因となり、薄毛を進行させている可能性があります。

お酒の回数

カクテル

頻繁にお酒を飲んでいる方は、頻度を減らしてみましょう。お酒の飲みすぎは肝臓に良くないと効きますが、薄毛の原因にもなると言われています。お酒は肝臓で分解されますが、その際にビタミンなど髪の生成に必要な栄養素が使われます。

そのため、お酒を飲みすぎると髪に必要な栄養素が大量に消費され、髪の栄養分少なくなってしまいます。そして、健康な髪を生成できなくなり薄毛になります。

仕事柄、飲む機会が多い方は最初の1、2杯だけ飲むようにしてはどうでしょうか。お酒好きな方なら5、6杯は軽く飲んでしまうかと思いますが、多いです。また、1、2杯だけ飲むようにしても頻度が多いのは髪によくないので、減らすようにしてください。家ではお酒は飲まないと決めてもいいでしょう。

睡眠時間

眠る女性

睡眠時間はきちんと取れていますか?睡眠不足も薄毛の原因となります。寝る前のスマホ、テレビなど夜更かしの原因となるものは、控えた方がいいでしょう。

睡眠時間が短くなると、肌荒れ、目の下のクマ、日中の眠気など体にあらゆる支障が出てきますが、薄毛になる可能性もあります。それは睡眠不足が続くと、ストレスを感じやすくなるからです。

ちょっとしたことでイライラしたり、仕事に集中できなくなったり、ストレスを感じると自律神経が乱れ、血の流れが悪くなります。その結果、薄毛にもなります。

どんなに忙しくとも、1日最低6時間は寝るようにしましょう。それが難しい方は、昼寝など空いた時間に睡眠を取るようにしてください。そうすれば疲れもストレスも感じにくくなります。

ストレス

俯く女性

仕事やプライベートで何かストレスを感じていることはないか、振り返ってみましょう。上記の睡眠時間でも説明したように、ストレスを感じているときは頭皮にとってもよくありません。心当たりがある方は、ストレスを上手く発散しましょう。

私は、ストレス解消方法として泣ける映画を観たり、買い物をしたり、仲のいい友人に話を聞いてもらっていました。解消方法は多ければ多いほどいいと思います。多く持っていれば、その日の気分や体調に合わせて選ぶことができるからです。

ストレスは溜め続ければ続けるほど体に悪影響を及ぼすので、ストレスを感じたと思ったらその都度発散するようにしましょう。また、1日の終わりには自分を労わる方法を1つでも持っておくといいと思います。

シャンプーの頻度

シャンプーをする女性

お風呂好きの女性に多いと思うのですが、1日に何度もシャンプーをしていませんか?1日に何回もお風呂に入るのはいいですが、その度に髪を洗うのはやめましょう。

シャンプーをする意味は、頭皮の汚れを落とすためです。しかし、シャンプー前に水洗いするだけでほとんどの汚れは落ちます。水洗いでも落ちなかった汚れを落とすために、シャンプーを使います。そのため、1日に何度もシャンプーをする必要はありません。

やり過ぎは頭皮を傷つけ、髪を痛める原因となるので見直してみましょう。お風呂の回数は減らさなくてもいいので、髪を洗うのは1日1回と決めてください。頭皮の状態によっては、2日に1回で十分な人もいるので、自分の頭皮の状態を確認しながら行うようにしてください。

ヘアカラーの頻度

ヘアカラー

ヘアカラーのし過ぎはよくありません。ヘアカラーを頻繁に繰り返していると、髪がパサパサになったり痛んでいるなと感じたことはありませんか?それは、ヘアカラーによって髪がダメージを受けている証拠です。

薬剤が頭皮に付いて、ヒリヒリと痛みを感じたことがある方は特に注意してほしいです。頭皮が炎症を起こしている可能性があります。髪に優しい薬剤を使っていても、少なからず頭皮はダメージを受けるので、頻度は抑えた方がいいです。また、ブリーチなど髪への負担が大きいものは避けた方がいいです。

ヘアカラーのし過ぎで薄毛になったという方の声はよく聞くので、ほどほどにするようにしましょう。ちなみに私は半年に1回のペースで行っています。

女性は薄毛の前兆が現れたらすぐに対策をとる!

女性の後ろ姿

薄毛かも・・・?と思った際は、すぐに対策をとりましょう。女性にとって髪の重要度はとても高いと思います。髪にツヤがある女性は美しく見え、綺麗だなという印象を受けるでしょう。

いつまでも健康で艶やかな髪を保つためには、日頃から髪と頭皮のケアを行うことです。そして、前兆が現れたら見逃さず、きちんと対策をとる必要があります。

私は、異変には気づいていたものの対策をとっていなかったので薄毛が進行してしまいました。どうか、みなさんは早めの対策で髪を守れるようにしてください。

PAGETOP